« 生まれ変わりたい | メイン | ペットロス »

忘れないよ。

大切な家族が天国に呼ばれました。
友達がたくさんいる天国へ。
ついさっき、旅立ちました。
私と妹が帰宅するのを待って…

残業なんて振り切って、早く帰れば良かった…
今週はずっと実家から通えば良かった…
後悔は尽きない。
神様、大切な家族を連れて行かないで。

涙が止まらないけど、でも、
忘れないよ、アトム。
はじめて家族の一員となった日、
私のジャンパーの中に入って家まで来たよね。
いっしょに庭で転がって遊んだね。
山に行ったら綱が絡まって帰って来れなくなっちゃったけど
翌朝、自力で葉っぱだらけになって帰ってきたね。
ホットケーキが大好きだよね。
病気してからは毎日ぽかぽか寝てたね。
家族に笑顔をくれたね。

何も出来なくてごめん。たくさんの思い出をありがとう。
忘れないよ。ずっと、ずーっと。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://laika.my.land.to/mt/mt-tb.cgi/952

コメント

俺も9年ぐらい前、まだ学生証を持っていたころに12年間飼っていた犬をなくしています。
モティ(Moty:スリランカ語だかで宝石の意味)と名付けてとっても可愛がっていました。
一緒に寝たり自転車のかごに乗って走るのが好きな犬でした。
12月から物を口にしなくなり、獣医さんに通ったのですが、その甲斐もなく年末に亡くなり
ました。最後の3日は獣医さんに預けて治療したのですが、だめでした。こんなことなら家に
引き取って最期を看取りたかったのですが、獣医さんの「諦められない」と言われ、入院し
ました。今でもそれでよかったのか悩んでいます。
その時は悲しすぎてどうすることもできず、馴染みのMacのBBSに普段レポートにも書かないほ
ど大量に思いを書き投稿してしまいました。みんな慰めてくれたけど、耐え切れませんでした。
霊園に連れて行き荼毘に付しました。

今はパピヨンを飼っています。4月1日生れで、春には9歳になります。。抱きながらいつも
俺より先に死ぬんじゃないぞ!と言い聞かせています。でも、先日前歯が2本抜けました(^^;

何もしてあげなかった自分が悔しくて。
幸せな最期だったのか、それが不安です。
今は何も考えられません。ただ、涙です。

アトムはmikkoの家族になれてとても幸せだったと思うよ。
mikkoから聞くアトムの話はいつも楽しく幸せそうだったもの。
可愛いアトムの写真を見るのが私も楽しみでした。
アトム、mikko達を笑顔にしてくれてありがとう!

私も昨日、愛うさぎを病院に連れて行ったら腫瘍があることが判明。
今、腫瘍の一部を採取して病理に出しているけど悪性の可能性が強いといわれた。
病院内にいるにも関わらず号泣してしまった。
彼のためにもどうすることが最善の方法か悩んでしまいます。
そのままか、手術か…。
大事な家族だから幸せな人生を送れて良かったと思いながら
旅立って欲しい。。。
そう思えるように自分も頑張りたい。
アトムはきっと幸せな犬生を送れたと心から思う。

看取れて良かったじゃないですか。

なんか、当時の事が走馬灯のようによみがえってきました。
オレなんか、樹医とは言え、他人に任せてしまったんだから。。。
よくなって帰ってくると信じて預けたのに…
階段の日溜まりの中に居るのが好きだった犬でした。
階段を下りると飛びついてきたのに、それが突然無くなって。
いつもいるところに居ない虚無感は忘れられません。今も。
しばらくは階段を下りるごとに嗚咽していました。

春になって新しい犬を飼うなんて想像できませんでした。

忘れたわけじゃないです。毎年お墓参りして、墓碑は必ず
たて替えています。ちゃんとお墓作ってあげたかった

ゴメンねもーちゃん。

樹医=>獣医

間違えたから付け足すって訳じゃないけど、アトム君は待っていたんですよ。最後の力を振り絞って。だから、幸せだったと思います。

最近、変換ミスが多いな。ATOKに戻ろうかな。

>NANA
ありがとう。
アトムもね1年半くらい前に脳梗塞で入院したんだよ。
手術後は寝たきりで、ご飯を全く食べなくて、
かろうじてチーズを食べただけだったって先生が言ってた。
「もう長くはないかも」と先生も私たちも覚悟をしたよ。
「安楽死」ってことも考えた。
でもね、退院後、アトムはチーズから始まって
ちゃんとドックフードとかお肉とか食べれるようになったの。
フラツキながらも、立ち上がって歩けるようにもなったの。
結果論になってしまうけど、
最後まで生きようとしたアトムを信じて良かったと思う。
精一杯に生きようとする家族に、精一杯応援してあげよう。
あと、アトムに親身になってくれたすばらしい先生にも感謝です。

>あきらさん
そうですね。みんなに言われました。
父が帰ってくるまでは間に合わなかったけど
私と妹を待ってくれてたこと、一生忘れません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)